ロイシン

粉末プロテインの難点とは?

以前のプロテインと言えば、大豆から作られた粉末のプロテイン
は牛乳や水に混ぜて飲むのが通常でした。 本当に飲みにくい
のは明らかですよね。

 

一口飲んでみると、ものすごい粉っぽさがとてつもなかったです。

 

それでも筋肉を大きくするために飲む続けることが重要ですが、
かなり飲んだ後の喉に残る粉っぽさはとてつもない不快です。

 

そんな中、新たに登場したHMBプロテイン。 従来のプロテインと違い
錠剤で、しかも一回5錠の摂取で十分です。

 

簡単に筋肉増強に必要な成分が摂取出来て、なおかつ携帯にとても便利
です。 粉末のプロテインだと水等を持ち歩いて、粉末を混ぜて飲むと
いうのが今までのプロテインでしたが、HMBならば、錠剤なので、本当に
簡単に摂取出来るので本当に簡単です。

 

 

粉末のプロテインの場合はロイシンの含有量がHMBを作るのに必要な
量が含まれていることが少ないのです。

 

一日に必要なHMB量は1000mgから3000mg(厚生労働省推奨)なので、
このHMB量を体に補給する場合のロイシンの量もたくさん必要になります。

 

粉末のプロテインの場合は何杯も飲まないいけません。

 

それを考えると一日5錠で十分なので、とても簡単に摂取出来て、
筋肉肥大も期待出来るので、これであなたの体はアスリート体型
に変貌します。

 

細すぎる体では健康的ではないのと、少なからず細くて気持ち悪いと
思われることもなく、加えて異性からの注目も集まります。

 

それにやはり男性も女性も肉体美を求めるのはいつの時代も変わらない
ことであり、今本当に多くの人が筋肉をつけよう、健康的な生活をしよう
という人が多いので、ただ単に筋トレをするだけではなくて、正しい努力
正しい栄養摂取するのが大事です。

 

アンガールズの田中卓志も絶対必見です。

粉末プロテインの難点とは? はコメントを受け付けていません。