肝機能異常について

肝機能異常はAST、ALTの検査をすることで判明することも多く、
健康診断や人間ドックでも盛んに行われている検査です。

AST、ALTとは肝臓の細胞が壊れた状態にある時に血液中に
出てくる酵素であり、その数値を読み取ることで肝機能が
異常かどうかを判明することができます。

肝臓は肝機能が悪化しても目立った症状が存在するわけでなく、
異常を見つけ出すにはこのASTとALTの検査を行うことでしか
見つけ出すことができません。

飲酒などのアルコールを飲む機会が多い方にとっては、肝臓に
負担のかかることも多いですが、そういった負担がかかった
状態が続くことでAST、ALTの数値が高くなったりすること
として現れてきます。

この様に目立った症状も存在せず沈黙の臓器といわれる肝臓を
サポートする肝機能改善のサプリが存在します。

そのサプリに含まれている成分には「タウリン」と「オルニチン」
の二つが存在し、これを服用することでアルコールを飲んだ時に
肝臓にかかる負担を抑制することが可能です。

「タウリン」はアルコールを摂取すると肝臓がそのアルコールを
無毒化する働きを持ちますが、その過程で脂肪肝を作り出します。

つまりアルコールを飲めば飲むほど人体を守るために
脂肪肝を作り出し、それが肥大化することで肝機能を
弱めてしまいます。

「タウリン」の摂取には肝臓に溜まる中性脂肪を排出する
上で効果的に作用し、それによって肝機能の改善を促す
ことが可能です。

また「オルニチン」は肝臓にアルコールを解毒する上で
作られるアンモニアを分解し、その解毒作用を持って
いる成分です。

アルコールを代謝する上でも優れた成分で、それを摂取
することで代謝機能をアップさせ、肝機能の改善にも
繋げることができます。

アルコールを飲まれる方はしじみの味噌汁が良いと
言われる理由には、こうした「タウリン」や「オルニチン」が
しじみには豊富に含まれているからです。

なおしじみの味噌汁を毎日、飲み続けることは通常の生活では
困難で、たまに思い立ったら意識して飲まれるだけかもしれません。

しかしながら肝臓は年中休みもなく働き続けているため、
肝機能改善に良いサプリで毎日服用し続けることが大事です。

有名なサプリとしては、「オルニパワーZnプラス」「レバリズム-L」
「海宝の力」「協和発酵バイオオルニチン」「DHCオルニチン」
などが存在します。

それぞれには特徴もあり錠剤タイプ、ソフトカプセルタイプ
飲みやすくなっており、アルコールを飲む人などの健康を
サポートする上でも安心して続けることが可能です。

ただ肝機能改善に優れているからと、サプリだけに
頼り過ぎないことも注意が必要となります。

加えて、忙しい現代人に時短で栄養補給が出来る
グリーンミルクがお勧めです。