自動車で踏切を渡るときに気を付けるべきこと

車を運転しているときに、ちょっと初心者にはむずかしいな。と思うことが”踏切”です。

これを渡るときに必ずやらなければならないこと、それはかならず踏切の向こう側を確認してから渡る。ということです。
都会ではずいぶん改善されましたが、地方にはまだまだ踏切がたくさん残っています。

踏切を渡るときの鉄則は、踏切を渡りきった先に、自分のクルマが入るスペースがあるか否か確認するということです。かならず前のクルマが渡りきってから渡ること。

なんの気なしに前のクルマにつづいて踏切に入ったら、前のクルマが渋滞でストップ。踏切のなかに閉じこめられてしまった。

そうこうするうち警報機がカンカン鳴りだし、あわててバックして脱輪……。こういうことのないように。漫然と前のクルマに追従してはいけません。
むずかしいのは複々線以上の長い踏切です。こういうところにかぎって、踏切の先が渋滞しているものなのです。前のクルマの先がどうなっているのか、よく確認してください。

前のほうでプレーキランプが光っていませんか、それとも流れていますか。注意深く見てくだきい。もしよく見えないようでしたら、とにかく前のクルマが渡りきるまで待ちます。

渡りきったところでプレーキランプが点灯したら、ギリギリで停まっているということです。待っているあいだ、クラクションを鳴らされても放っておきましょう。

せかされるがままに進んで、もし、事故にでも遭ったら、いちばん悲惨な目にあうのはあなたなのですから。もし、なかに取り残されてしまったら、バックするか、前に出るしかありませんが、対向車線が空いていの場合があります。かまうことはありませんから対向車線を使って脱出しましょう。有事の時にこそ冷静に!
売らなくてOK! ユーカーパックのレビュー記事はこちら