プラセンタを使うときのポイントと注意

最近すっかり定着したプラセンタ。

美容や健康によいとして促進・維持によいとされ、成長因子、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを多く含みます。

しかし、メリットばかりが注目されてデメリットの情報は少ないのが現状です。

プラセンタを安全に使うポイントと注意点をご紹介します。

 

プラセンタは、日本では第二次大戦後期に栄養剤として利用され始めました。

当時は栄養不足により妊婦の母乳分泌が悪く、赤ちゃんの発達に影響していました。

プランタはその改善に効果を示したのです。

 

それから現在まで、さまざまなプラセンタを利用した製品が研究されています。

プラセンタは胎盤から抽出された成分です。

医療機関で使われるプラセンタ注射はヒトの胎盤が原料ですので、感染症予防の徹底した安全対策が取られています。

しかし、完全に安全を否定することができないのが現状であり、感染症の可能性もまったくないとはいえません。

そのため、プラセンタ注射を打つ場合は同意書が必要となります。

 

サプリメントや化粧品のプラセンタは、豚や馬など動物の胎盤が原料です。

そのため、安全性が保障されています。

 

以前は牛の胎盤が使用された場合もあったのですが、狂牛病の発生以降、牛や羊などの胎盤を原料としないことになっています。

 

しかし、羊プラセンタは海外製品が輸入されている場合もありますので、かならず原料をチェックするようにしましょう。

 

プラセンタを他の医薬品と一緒に飲むことについては、特に注意すべきことはありません。

持病などにより服用している薬がある場合は、念のため医師や薬剤師に相談しましょう。

他のサプリメントと併用する場合は、成分の重複に注意し、過剰に摂取することのないよう気を付けましょう。

 

正しい方法でプラセンタを取り入れ、美容と健康に役立てましょう。
https://remayu.bukupop.com/