FXの強制ロスカット

強制ロスカットというものがFXにはあります。これは、未決済のポジションの損失が膨らみすぎて、決められているレベルを超えてしまったとするとFX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。

そもそもこの強制決済がかかる意味がわからないというひとは、レバレッジを使った取引であるということを理解していないのかもしれません。5万円分の証拠金を使って1万通貨(つまり1万ドルね)を動かしているという事実を考えただけでも、なんかおかしい、ということに気づくはず。

 

その強制ロスカットが行われる前には注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで業者による強制ロスカットを回避することができます。

でもね。FXでおおまけする人というのはマージンコールの要求に対して追加の証拠金(追証=おいしょう)を入れてズルズルお金を融かしてしまう人なんですよ。

 

この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、利用するFX会社ごとに異なるので注意が必要です。

ヒロセ通商キャンペーン