びまん性脱毛症になってしまう原因

びまん性脱毛症というのは、女性に一番多い脱毛症です。

特徴としては、男性型脱毛症が頭頂部や髪の生え際などの髪が薄くなってくるのに対し、毛髪全体が薄くなることです。

さらに男性型脱毛症が進行性であるのですが、びまん性脱毛症はゆっくりと進行するため、症状に気が付きにくいというのも特徴です。

気が付いた時にはかなり症状が進んでいるため、大慌てする女性が大半です。

少しでも「あれ?ちょっと髪薄くなってきた?」と気が付いたら、早急に対処することがベストです。

特に30代以降の女性は、女性ホルモンの減少によりこの進行が一段と早くなります。


びまん性脱毛症にとって最も悪いのは、頭皮の血行不良。

血行不良を起こす原因は、ストレスの多い生活、食生活の乱れ、睡眠不足です。

改善するのは、規則正しい生活や栄養、睡眠を十分にとるなどの生活改善を図ることです。

ヘアケアも、シャンプーで髪や頭皮にダメージを与えないように優しく洗ったり、自然派や天然素材のヘアケア商品を選ぶ、女性用育毛剤の使用を始めるといったことを始めれば、頭皮や髪の状態は改善されていきます。