肌荒れを解決してくれた方法は、意外と簡単な事でした。

オイリー肌でニキビができやすかったのでつねに肌が汚い状態でした。さらに乳液やクリームを肌につけると余計肌が荒れると思っていたので、お風呂上りや洗顔後は化粧水も何もつけていませんでした。そのせいでさらに肌が荒れていました。それが悩みでした。
私はもともとオイリー肌で、中学生のころから発生し始めたニキビに悩まされていました。高校生ぐらいから化粧を初めて、自分でネットで検索しながら自己流で化粧をしていました。その頃は、自分の肌がどんな肌だったのかわからなくて適当に薬局で売っている安い化粧品や百均の化粧品を使っていました。そして、化粧をするわりにはろくにスキンケアをしていなかったため余計に肌が荒れていました。当時の私は、スキンケアの大切さを知らなかったのでお風呂上りに保湿もせず、そのまま寝ていました。あと、乳液やクリームで保湿すると余計にニキビができると思っていて保湿をしていなかったのも理由の一つです。化粧をするときもその荒れた肌を隠そうと思って、自分の肌に合ってないリキッドファンデーションでニキビを隠そうと必死でした。
でも、大学生になってから周りのみんなが自分よりも肌が綺麗だったことに気づきました。その子たちはみんなファンデーションを使っていないと言っていました。なので私もファンデーションを使わずに化粧をしてみました。そうすると肌がすごく綺麗になってきました。肌が綺麗になってきたのでスキンケアもちゃんとしようと思い、ネットで色々調べてみました。すると、ある芸能人のスキンケア方法が載っていました。その芸能人は、洗顔した後タオルを使わずに濡れた顔に直接化粧水や乳液をしていると言っていました。さらに、お風呂から出る前に浴室の湿気がいっぱいのところでスキンケアをしていると書いてありました。なのでさっそくそれを実践してみました。すると肌がつやつやになってもちもちになりました。そこで私はスキンケアの大切さがよくわかり、化粧をするときも肌に負担を掛けることをしたらダメなんだと気づきました。これからも肌に負担をかけずしっかりスキンケアをして肌荒れを防ごうと思います。
APP-Cフラセラムの口コミ