借金を減らす方法

自己破産のメリット・デメリット
債務整理の一つである自己破産は、基本的にはあまり一般的にオススメできる債務整理ではありません。
しかし、他の借金解決方法を用いても借金をどうすることもできない場合には、とても有効な解決方法であることは間違いありません。
そこで、自己破産によるデメリットも多数あるため、自己破産を行う前に、メリットとデメリットを踏まえて上でよく検討しましょう。

●自己破産を行うメリット
一般的な自己破産をするメリットとして、「借金の免除」、「収入が少ない人でも手続きが可能」などがあげられます。
また、考え方としては、返済に充てるべき資産をすべて返済に充て、それでも返済しきれない借金を免除してもらうと言うことになります。逆に言うと返済に充てるべき資産を返済に充てれば、多少の財産は手元に残せる(現金99万円未満、貯金20万円以下、最低限の生活必需品など)」と言うことになります。

●自己破産を行うデメリット
デメリットとしては、「個人信用情報機関への事故登録(5年~10年)」、「(返済に充てるべき)財産の没収」、「免責許可が降りるまでの職業の制限」、「必ず借金が免除されるとは限らない」、「官報への掲載」、「保証人への取り立て」です。
個人信用情報機関へ事故登録に関して、事故登録の登録期間中は、新規の借入やクレジットカードの審査が難しくなるでしょう。

官報への掲載に関しては、一般の人が官報を目にすることはほとんどないため、日常生活に影響を与えることはほぼありません。
主債務者である人が破産をした場合は請求が保証人に行くことになりますので、保証人がついている場合には迷惑がかかります。

これらを踏まえて、あなたも借金を減らす方法を検討してみてはいかがでしょうか?