帰化申請に必要な書類と条件

必要書類には作成する書類と集める書類と大きく2つに分けることができます。
主なものを箇条書きしてみます。

作成する書類
(1)帰化許可申請書(写真貼付5×5㎝)
(2)親族の概要を記載した書面
(3)履歴書
 ・最終卒業証明書又は卒業証書
 ・在学証明書
 ・技能及び資格証明書
 ・自動車運転免許証写し(表・裏)
(4)帰化の動機書
(5)宣誓書
(6)生計の概要を記載した書面
 ・在勤及び給与証明書(会社等勤務先で証明したもの)
 ・土地・建物登記事項証明書(登記簿謄本)
 ・預貯金現在高証明書・預貯金通帳の写し
 ・賃貸契約書の写し
(7)事業の概要を記載した書面
(8)居住・勤務先・事業所付近の略図

集める書類
(1)国籍・身分関係を証する書類
 ・本国の戸籍謄本(韓国・台湾・父母の戸籍、本人の戸籍)
 ・国籍証明書
 ・出生証明書
 ・婚姻証明書(本人・父母)
 ・親族関係証明書
 ・その他(父母の死亡証明書等)
 ・パスポート・渡航証明書(写し)
 ・出生届書(日本での戸籍届書の記載事項証明書)
 ・死亡届書(日本での戸籍届書の記載事項証明書)
 ・婚姻届書(日本での戸籍届書の記載事項証明書)
 ・離婚届書(日本での戸籍届書の記載事項証明書)
 ・その他(養子縁組・認知届・親権を証する書面・裁判書)
 ・日本の戸(除)籍謄本
(2)国籍喪失等の証明書(法務局の担当者の指示があってから取得)
(3)住所証明書(申請者及び同居者全員)
 ・住民票
(4)会社登記簿謄本(登記事項証明書)
(5)営業許可書・免許書類の写し
(6)納税証明書
(7)運転記録証明書(過去5年間)
(8)その他
*上記以外にも必要書類が発生するケース、逆に要件によって不要な書類もございます。