活性酸素がシミを作るメカニズム

紫外線が活性酸素を増やす原因

まず初めに、紫外線の影響によって活性酸素が増える理由から理解していきましょう。

美容の観点からだけみると活性酸素には体にとって悪者のイメージしかないように思われるかもしれませんが、実は本来、活性酸素は人体を守るための強い味方です。

活性酸素は、体内に入り込んだばい菌や細菌から細胞を守っているのです。

ご存知のように、紫外線には、人体にとって有害なです。

そのため、紫外線を浴びていると体の中には体を紫外線から守るために、大量の活性酸素が発生します。

実はこのときに身体を守っているメラニン色素です。

しかし活性酸素は適量だからこそ味方になるのです。

活性酸素が必要以上に増えすぎると、その力が強力すぎて、かえって細胞にまでダメージを与えてしまうことにつながります。

これが細胞が老化していく原因なのです。

そんな活性酸素による体へのダメージを緩和させてくれているのが、メラノサイトという細胞です。

メラノサイトは、ご存知のようにメラニン色素を作っています。

メラニン色素と言えばシミの原因となる色素ですから、こちらも活性酸素と同じように悪者のイメージが強いと思います。

ところが、このメラニン色素がなかったら肌の細胞はもっとボロボロに老化が進行してしまいます。

メラニン色素は、活性酸素から体が受けるダメージを引き受けてくれています。

春から夏にかけて、日焼けすると肌が黒くなるのは、メラニン色素が酸化することによって肌細胞へのダメージを防いでいるからです。

メラニン色素沈着そのものは、紫外線から身体を守る大切なものです。

しかし、メラニン色素が多すぎるとシミになってしまいます。

普通の日焼けであれば、新陳代謝によって肌の細胞は生まれ変わりますので、やがて肌は元の色へと戻ります。

しかし、あまりにもメラニン色素がたくさん作られてしまうと、新陳代謝が追い付かず、メラニン色素が残ってしまうことになります。

これがシミの正体なのです。

年を取るとシミができやすくなるのも、老化によって新陳代謝が追い付かなくなっているからです。

この活性酸素を防ぐものとして最も注目を集めているのがhttp://hydrogen-abc.xyz/です。

そう水素風呂ですね。