コンタクトレンズ

私事で恐縮ですが、娘が近視でずっとメガネをかけていました。

いまでこそ、メガネはおしゃれの必須アイテムですが

当時は、いやでいやで仕方なかったようです。

クラスメイトに「メガネ」というあだなをつけられることが多く

なげいていました。

 

そしてみつけたのがコンタクトレンズです。

 

いまはソフトコンタクトが主流ですが、当時は

ハードコンタクトしかありませんでした。

高価なものなので、落としたり無くしたりすることが多く

目にも違和感を感じ、親も目によくないのではと心配しました。

 

素材はプラスチックで、酵素を通さないのです。

違和感が大きく、使用時間に限界もありました。

 

角膜に接触させるからコンタクトレンズって言うんですね。

 

やがてPVPを素材にしたソフトコンタクトが発売されました。

 

使い捨てコンタクトというやつです。

これもいろいろ問題はあるのですが、手軽さから

爆発的に売れるようになりました。

 

しばらくすると今度はカラーコンタクトです。

 

度ありから度なしのものまであります。

これも信頼できるモノから、ただ安いモノだけの粗悪なモノまで

ありました。

 

よいカラコンの代表が、エバーカラーワンデイナチュラルです。