クレジットカード専用の読み取り端末の導入

つい先ごろ、経済産業省がクレジットカード専用の安全性の高い読み取り端末(ICチップ対応)の導入を店舗に義務付ける法改正を行うことを決めたことを知っていますか?

導入の背景には、クレジットカードの磁器ストライプに記録された情報を盗み取られる被害が急増している模様。本人の知らない間に複製、そして不正利用されている実態があるようです。特に日本は、他の先進国に比べ磁気ストライプでの決済比率が高い!この安全性を高めるために2020年の東京オリンピック・パラリンピックに連動して外国人訪日客が見込まれるだけに、外国人観光客の安心につなげたいとのこと。

 

知らぬ間に複製されて不正利用されることは、日本にいるとそれほど危機感はなりがちになりそうですね。

クレジットカードの安全性対策を含めて、今後のネットのセキュリティー対策はどうなっていくのか。これまでのカードはどうなるのだろうか。

こちらの義務付けの運用は、早ければ再来年から義務化が始まるようです。

楽天 クレジットカード