子どもの不登校問題の解決法

学校へ行く子供を抱える家庭の悩み不登校は、単に教育だけの問題ではなく、国の社会問題として大きな関心と注目を浴びています。
不登校に陥りやすい子供は、学校での行動や家庭での行動にも不登校の前ぶれのしるしとして様々な傾向が見られます。
休日の翌日など欠席が多くなったり、朝は元気がないのに昼ごろから元気になったり、今までにない変化が現れた場合などは、それはお子さんから無言のSOSのサインですので、しっかりと見守る姿勢が求められます。
新学年や新学期を迎える時は特に子どもに大きな負担がかかる時期ですので、注意深く見守ってあげて下さい
こうした前兆を見落としてしまわなければ、不登校を未然に防ぐことができます。不登校になる前に、子どもと話す時間をしっかりとが作ることが、不登校を防ぐチャンスになるのです。
不登校の兆しが出るかどうかは、友人関係や教師との関係が特に肝心です。
対人関係がうまくいかないと体調不良を訴えたりして、性格的に暗くなり、学校が嫌いになって行かなくなるのです。
不登校の期間が長期間になってしまうと、ひきこもりへと発展する可能性が高くなります。ひきこもり状態になってしまうと、知らない人に出会っておしゃべりしたり外出したりに恐怖心を感じて、生活空間が自宅のみ、あるいは自室のみになることもあります。
子どもの不登校問題に対しては、不登校の傾向をいち早く発見して、適切に対応することが大切であると言えます。

伊藤幸弘不登校解決DVD