90%以上の女性に生理痛がある

女性の社会進出や、出産回数や妊娠の減少により女性として特有の病気も徐々に変化してきているといわれています。三十路になればからだのメンテナンスに気配りするよう心がけましょう。
この場では気をつけたい婦人科の病気について紹介してみたいと思います。
女性として是非とも知っておきたい婦人科系の病気についてはさまざまありますが、その中でも気をつけたい女性の病気に子宮内膜症と子宮筋腫があります。
そのうち子宮内膜症という病気はどういうものかといえば子宮の内腔を覆っている子宮内膜という赤ちゃんのベッドみたいな膜が、子宮外部で増えてしまう病気のことです。
一番かかる人が多いのは30歳台の女の人ですが、20代くらいからは注意することが大切です。
女性で生理のある人のうち10人に1人は子宮内膜症に罹っているとも言われています。
もう1つの女性の病気の、子宮筋腫は子宮の内外にできる良性のコブ(=腫瘍)のことをいいます。
生理中の痛みの原因になるほか、月経血が増えたり生理が異常に長引くなどの症状を起こします。
二つとも、月経痛が年々ひどくなっていくのが目立った特徴です。
90%以上の女性に生理痛があるといわれており、薬が効かなくなるほどひどくなることもあります。

長谷川まりこ 子宮筋腫