格安SIMに切り替えれば、携帯電話料金を安くできます

あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯電話料金を安くできます。au等ですと月に7000円以上もかかってきますが、格安SIMだと月に1000円程度なんていう費用に。

とりあえず、検討してみても良いかもしれません。格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

ドコモの回線を使用している業者であればドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものは実は使えないのです。

そんな時は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。
現在、格安SIM・格安スマホを提供するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

したがって、スペック上の速度は最大でも150M程度など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると各社によって違う場合があります。

たとえば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

どの事業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、データ回線の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「帯域の太さ」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。スマートフォンやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、他の会社のSIMは使えないロック(SIM)がかかっています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモの端末であれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMのサービスを利用することができます。

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われている小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、かなり注目されているわけです。

通常、帯域がしっかりしていれば一気にアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、通信設備にちゃんと投資をしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、値段だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる事業者を選択する必要があることが分かります。低価格でデータ通信できる格安SIM。
月々1000円のものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。実際にはスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

 

dmmiphone5.web.fc2.com